Kenpachi

「けんぱち」の取組事例。

Sitemap


  • Home>
  • 取組事例一覧

けんぱちの取組について

けんぱちイメージ人間の身体や脳は鍛えたり、生活を工夫することで老化を小さくすることができます。脳の老化を防ぐには「レジャー」「頭を使う」「魚や野菜中心のバランスのよい食事」「運動」が大切です。また人との関わりが認知機能低下予防に役立ちます。

パチンコやパチスロは、遊技中にドキドキワクワクと鎮静化が繰り返され、これが脳の健康維持に有望です。その他、ぱちんこ店だから出来ることを「けんぱち」実施店で取り組みました。

けんぱちの取組事例一覧

 
No.
タイトル
実施期間
12
健康アンケート結果報告(コラム)
2015.10.22
11
けんぱちレシピの提供
2012.11~
10
ゴミ拾いはスポーツだ「スポーツGOMI拾い東村山大会」※2015.6月で第6回目
2012.10.28~
09
ぐるぐる秋の富士五湖ツアー(歩数計でお客様の健康管理)
2012.10.01~
08
コミュニティーBOXとデジタルサイネージで店舗コンセプトを明確に発信
2012.8.23~
07
ゲームセンターで「健康ぱちんこ」
2012.7.20~
06
脳科学的にパチンコ・スロットは主に2つの種類に分類されます
2012.4.01~
05
美味しいが笑顔と元気を作る(脳の活性化をお手伝いする景品)
2012.4.01~
04
ポスター「遊びで元気にライフスタイル提案」
2012.4.01~
03
東海道五十三次 日本橋~京都(歩数計でお客様の健康管理)
2011.11.1~
02
篠原教授に会いに行こう!95~諏訪東京理科大学 往復の旅(歩数計でお客様の健康管理)
2011.3.1~
01
お遍路パチンコで健康パチンコ(歩数計でお客様の健康管理)
2009.10.1~
※随時更新いたします

PageTop

Copyright 2012 KENPACHI & TAG Corpration. All Rights Reserved.